東京(渋谷・恵比寿)・千葉(北小金・柏・松戸)で、乳酸菌の普及を行っています。

乳酸菌について/余命1か月の末期がんの方を半年で生還させました

腸内環境と難病

昔の医師で小倉重成医師と甲田光雄医師は、難病患者に断食と運動をさせていました。
断食は全く食べない断食ではなく一日一食、一日二食でした。
そして玄米は、必ず食べさせていました。

あと、運動もかなりやらせていました。
玄米は排毒作用が非常に強く、それと小食、運動にて宿便が出るようになりやすくなります。
宿便とは腸にたまってる毒素ですがそれらがなくなると、難病が治りやすくなります。

こうやって昔の医者は、薬というより腸内環境を良くするようなことを患者にやらせていました。
しかし内容はかなりストイックで、たいていの方はできません。

ですので私の所では、やはり腸内環境を良くさせるためとして乳酸菌を導入いたしました。
この乳酸菌ですが、きちんとしたデータがないとだめで、
そして論文を学会で発表をされたもの、いわゆるエビデンスがある乳酸菌のみを取り扱っております。

それと私の所では、担当者が全員、かなり熟知されてるプロです。
緊急であればお休みの日でもかまわず、私は連絡を取ります。
それはお客様の健康が一番だからです。

そこまで私の所はかなり細かく、そしてお客様が一番という意識が強い。
とても心強いと思います。

お問い合わせ

アップルゴールド代理店一覧

癌・難病・ダイエット、役立つ情報がいろいろのアップルゴールドFacebook

アップルゴールド癌、難病、アトピー、糖尿病、痛風、腰痛、疲労ブログ

アップルゴールドネットショップ

→ アップルゴールドで良くなった、余命1か月の末期がんから生還した女性のブログ

↓アップルゴールドホームページを「いいね!」「シェア」する

↓アップルゴールドホームページを「ツイート」する

→ アップルゴールド(がん・うつ病・アトピー・クローン病を克服する)Facebook

↓アップルゴールドFacebookを「いいね!」「シェア」する

↓アップルゴールドTwitterを「ツイート」する

↓LINEに友達として追加する

友だち追加

ページトップへ