東京(渋谷・恵比寿)・千葉(北小金・柏・松戸)で、乳酸菌の普及を行っています。

乳酸菌について/余命1か月の末期がんの方を半年で生還させました

乳酸菌でダイエット作用

肥満は「身体に占める脂肪組織が過剰に蓄積した状態」と定義され、脂質代謝異常や糖体質異常、高血圧といったメタボリックシンドロームの原因になることが知られています。

メタボリックシンドロームの人は健常者と比較して、
動脈硬化や脳梗塞に罹るリスクが高くなると言われています。
メタボリックシンドロームの治療法として、減量が有効であるとされています。

元々太りやすい体質のマウスに対して高脂肪食を与え、
体重変化や体脂肪率、血糖値および肥満に関与するホルモンであるレプチンについて調べました。

その結果、体重では高脂肪食を与えられることで顕著な体重増加が見られたマウスが、
FK-23菌を取り入れることで体重増加抑制が認められ、
血糖値やレプチンの値も、通常食を与えた正常食群に近い値となりました。

お問い合わせ

アップルゴールド代理店一覧

癌・難病・ダイエット、役立つ情報がいろいろのアップルゴールドFacebook

アップルゴールド癌、難病、アトピー、糖尿病、痛風、腰痛、疲労ブログ

アップルゴールドネットショップ

→ アップルゴールドで良くなった、余命1か月の末期がんから生還した女性のブログ

↓アップルゴールドホームページを「いいね!」「シェア」する

↓アップルゴールドホームページを「ツイート」する

→ アップルゴールド(がん・うつ病・アトピー・クローン病を克服する)Facebook

↓アップルゴールドFacebookを「いいね!」「シェア」する

↓アップルゴールドTwitterを「ツイート」する

↓LINEに友達として追加する

友だち追加

ページトップへ