東京(渋谷・恵比寿)・千葉(北小金・柏・松戸)で、乳酸菌の普及を行っています。

乳酸菌について/余命1か月の末期がんの方を半年で生還させました

乳酸菌FK-23の説明

乳酸菌は、代謝によって乳差の産み出す菌を総称して呼ばれる言葉です。
ですから乳酸菌と一言でいっても、さまざまな種類のものがあります。

乳酸菌は、善玉菌として腸内環境を整えて、私達の健康を支えてくれる大切な細菌類です。
乳酸菌の種類ごとに見ていくと、得意な機能が異なっています。

みなさん、FK-23という乳酸菌をご存知でしょうか。
乳酸菌の種類の中でも、私達の健康維持に優秀に貢献してくれる菌です。

この乳酸菌の特徴は、加熱処理した方が私達の体によく作用するという点があります。
通常、乳酸菌は熱に弱く63度以上で加熱すると死滅してしまいます。
菌なのに加熱処理に強く、しかもさらに効果を発揮するとはすごい個性をもった菌です。

FK-23菌は、他の乳酸菌と同じく私達の腸内で棲息する腸内細菌です。
腸の中でも腸管内にいます。

腸管内にいる細菌は、腸管内の環境を変化させることで活発になり、より高い機能を発揮するそうです。
乳酸菌の持つ機能の中でも、FK-23には免疫力をさらに高める力、血圧を下げる力の高さが、他の乳酸菌よりも優秀であることがわかっています。

さらにすごい特徴が先にも述べた通り、生きた菌の状態よりも加熱殺菌処理したほうが、免疫力をおよそ3倍も強化できる能力を持っているということが明らかになっている菌です。

FK-23の普段いる腸管内は、リンパ球のおよそ60%が集中するいわば免疫の臓器です。
その腸管内での免疫力上昇活動が促進されるということになれば、私達の恐れる免疫系統の疾病を免疫で予防できる可能性が広がります。

FK-23の疾病予防に関する具体的な働きとしては、まずは免疫力をアップさせる免疫賦活作用、そして感染症予防、肝炎の改善などがあります。
抗がん剤など薬による副作用を軽減する働きもあります。

主な働きである免疫力アップでは、白血球の活動を活発にして機能をたかめてくれます。
白血球の数を増やしてくれることは言うまでもありません。

私達の命を脅かすがんに対しても、さまざまな働きをみせます。抗がん剤の副作用を緩和させ軽減させることはもちろん、がん細胞そのものの増殖を抑制する動きが確認されています。抗がん剤投与時には、抗がん剤と協力してがんの増殖を抑えてくれますから、これはうれしい自然の援護射撃となるでしょう。

その他C型肝炎患者の肝機能軽減や、感染症の抵抗力を高める機能もあります。
このFK-23配合のサプリメントや機能性食品が市販されていますので、気になる方はぜひ日頃の健康増進にお試しになることをおすすめします。

お問い合わせ

アップルゴールド代理店一覧

癌・難病・ダイエット、役立つ情報がいろいろのアップルゴールドFacebook

アップルゴールド癌、難病、アトピー、糖尿病、痛風、腰痛、疲労ブログ

アップルゴールドネットショップ

アップルゴールドで症状が良くなった方のブログ

→ アップルゴールドで良くなった、余命1か月の末期がんから生還した女性のブログ

↓アップルゴールドホームページを「いいね!」「シェア」する

↓アップルゴールドホームページを「ツイート」する

→ アップルゴールド(がん・うつ病・アトピー・クローン病を克服する)Facebook

↓アップルゴールドFacebookを「いいね!」「シェア」する

↓アップルゴールドTwitterを「ツイート」する

↓LINEに友達として追加する

ページトップへ