東京(渋谷・恵比寿)・千葉(北小金・柏・松戸)で、びわ温熱療法を行っています。

びわ温熱療法/余命1か月の末期がんの方を半年で生還させました

入院してる時のびわ療法のやり方

病院で入院されている時、やはり西洋医学でなくて、できれば自然療法でなんとかしたくて、
びわ療法を試みたいがどうすればよいかをよく聞かれる。

まず、これはびわの葉の表面を患部に当てる。
そして肝臓に当てる。
すると肝機能が良くなり、体が楽になります。

そして食事がとれる状態でしたら、必ず免疫力をあげる乳酸菌を飲むことです。
病院の実際は時に死にいくようなものでして、自分で医者にばれないように防御をしないといけません。

そして手術をしての入院でなければ、ユーフォリアを使うことをすすめます。
このユーフォリアは、もぐさと違いまして煙がまったく出ません。
時間は20、30分がいいと思われます。

お問い合わせ

アップルゴールド代理店一覧

癌・難病・ダイエット、役立つ情報がいろいろのアップルゴールドFacebook

アップルゴールド癌、難病、アトピー、糖尿病、痛風、腰痛、疲労ブログ

アップルゴールドネットショップ

アップルゴールドで症状が良くなった方のブログ

→ アップルゴールドで良くなった、余命1か月の末期がんから生還した女性のブログ

↓アップルゴールドホームページを「いいね!」「シェア」する

↓アップルゴールドホームページを「ツイート」する

→ アップルゴールド(がん・うつ病・アトピー・クローン病を克服する)Facebook

↓アップルゴールドFacebookを「いいね!」「シェア」する

↓アップルゴールドTwitterを「ツイート」する

↓LINEに友達として追加する

友だち追加

ページトップへ